スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

銅メダル

今日は次男坊の空手の大会でした。
ブログをちょっとお休みしていた時だったので書けませんでしたが、
3週間前の流派の大会で組手で準優勝をして盾とメダルをもらってきてくれたんです。
今回は名古屋の某区空手連盟に所属している道場が集結する大会で、
大きくはないけど手強い相手が集まります(空手は流派が違うと勝手が違ってやりにくいそうです)。
去年のこの大会は型は初戦敗退、組手は2回戦敗退だったので本人も自信はイマイチ
でも3位まではメダルがもらえるということでヤル気になってました。

でも・・・型はまたまた初戦敗退
型は苦手なのでこんなもんです。はい。

残るは組手。
小2クラス16人のトーナメント戦です。
次男はとにかく体が小さいので(16人で飛びぬけて小さかった^^;)突きも蹴りもとても不利です。
でも持ち前のパワーで初戦、2回戦と順調に勝ちました

勝負!

↑右が次男です。ね、小さいでしょ
準決勝で屈辱の敗退。
顔面に回し蹴りを受けてちょっと泣けちゃいました。
でもその後の3位決定戦で勝ち、見事3位になりました
16人で3位。
小さいのによくがんばりました
銅メダルと賞状をもらって本人も嬉しそうでした

次の目標は12月の審査会。
今度は7級を受ける予定ですがまだ受験許可が下りていません。
このままヤル気が続くことを願うばかりです

スポンサーサイト

2006/10/30 00:24 | 空手COMMENT(0)  TOP

空手の審査会

昨日空手の昇段級審査会で次男坊が9級、旦那が参段を受けました。
次男坊は無事合格しました
問題は旦那の参段。
一般の部は昼からなので見ないで帰っていいと言われましたが(プレッシャーが掛かるから?)、一旦帰ってまたこっそり見に来ました。

初めて一般の部の審査会を見たんですが、シーンとした会場に十人くらいの審査員が並び、観覧席には人がたくさんという感じです。
審査員の真ん中には流派の最高総師範。
こりゃ緊張しますわ。
今回の一般の部の審査会十数人の中でたった一人の参段受験者でした。
型2つ、試割(板割り)、組手をやると聞いてたので、初段・二段と同じように順番にこなすだけだと思ってました。
が、想像を絶するくらい過酷でした。
型はいいとして、試割は四方(前蹴り、エンピ(肘打ち)、正拳、回し蹴り)で合計15枚を割りました。
その時点で拳は腫れ上がって血だらけに。
更に組手で休憩なしで順番に4人を相手にしたので、4人目の時には足はフラフラ、目はうつろ。
それでも向かっていく姿に見ていて涙が出そうでした。
結果発表の時、総師範からこの上ないお褒めの言葉をいただき無事合格しました。
たくさんの拍手と祝福の言葉をいただきました。
普段は大人しくてぼーっとしている旦那ですが、今回の事ですごいんだなぁ?と見直しちゃいました(^^ゞ

ちなみに観客席にいた息子達は後ろを向いてゲームしてました。
お前ら・・・

2006/06/19 15:32 | 空手COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。